記事一覧

割り箸で自家製着火材つくってみた

 

 

 

我が家では焚き火や炭火をおこすときに、市販の着火材は使いません。

 

なぜかと言うと、なんとなく使いませんw

 

 

 

なので、正直薪に湿気のあるときなんかはちょっと苦労することが有ります。 

 

 

まあ結果火はつくのでいいんですが。

 

 

でも、何となく市販の着火材はあまり使う気になれません、なぜかw

 

 

 

 

で、ポテトチップスとか揚げて有る物って良く燃えるじゃないですか?

 

時々着火材の代わりに使える!なんて書いてある本もあるほど、確かに良く燃えます。 

油が含まれて水分量が少ないので、良く燃えるんです。

 

 

 

 

  

 

 

・・・なら木を揚げちゃえばいいんじゃ・・・?

 

 

 

 

と思ったので、早速揚げてみましたw 

  

  

  

材料


 

 

  

 

 

・割り箸  適量 (他の木材でも可)

・オリーブオイル  適量 (他の油でも可)

・シングルバーナー  一個

・ノコギリ  一本

・適当な鍋  一個 

 

です。

 

 

 

下ごしらえ 


まず、割り箸を半分に切って鍋に入れます。

割り箸の長さはお好みでどうぞ。

 

 

 

 

 

揚げる


 

下ごしらえをした割り箸が入った鍋に、適量のオリーブオイルを入れます。

 

 

 

 

 

 

 

油の量は割り箸が浸る位か、もう少し少な目でOKです。 

 

 

 

 

火にかけ揚げていきます。

 

 

 

 

 

いきなり高温の油に割り箸を入れると焦げそうだったので、揚げると言うより油で煮ていくイメージです。アヒージョですねw

 

   

 

割り箸の色がこんがりきつね色になったらキッチンペーパー等に上げて、余分な油をきります。

 

 

 

 

 

   

完成


 

余分な角材も太めに切って揚げてみました。

季節の枯れ葉を添えて完成ですw

 

 

 

 

 

100均のナルゲンボトルに入れてみました。 

樹脂の容器に入れる際は、しっかり冷ましてからじゃないと、溶けますw

 

 

 

 

 

 

着火材としての性能 


 

 

 

 

着火性良好です。

 

 

 

 

油が高温になると、良く燃えます。 

 

 

 

油が燃えているので、風に対しても強いですね。 

 

 

割り箸は細くて軽い木材なだけに、そう長くは燃えませんが、火つきと、火力は揚げる前より良いですね。

 

太めの角材割った物はロウソクのような燃え方で、比較的長い時間しっかり燃えるので、着火材として十分使えます

 

 

 

 

 

市販の着火材には及びませんが、ちょっと火がつきにくい時に十分役立ちそうです。

   

  

 

 

最後に


今回は100均で鍋とオリーブオイルを買ってきましたが、もちろん許可が取れれば、ご家庭の鍋も使えます。 

 

油も匂いを気にしなければサラダ油でも大丈夫です。

ただいかにも揚げ物の匂いがしてしまうのと、オリーブオイルよりベトベト感は残りますが。 

 

 

それを気にしなければ、料理で使い終わった油でも良いと思いますよ。

密閉できる容器に入れるのであればそれでもいい気がします。 

 

 

 

 

 

しばらくキャンプで使ってみますね。

 

  

 

  

注意 

 

家族に不審がられないように、こっそりやるか、今から私は木を油で揚げるが、けして頭がおかしくなったワケではない、という事を説明してから行うことをお勧めします。

 

また、キッチンでやって家族にひどく怒られたり、作った着火材の性能が今一だったりしても責任は終えませんので、悪しからずご了承ください。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

当ブログはAmazonアソシエイト 楽天アフィリエイトを利用しています

Since

8Nov.2018

プロフィール

横好キャンパー

Author:横好キャンパー
栃木のキャンプ好きです
キャンプ釣り薪割りカメラdiy
当面は道具の紹介がメインです
 
月1でキャンプに行きたいなー
と思ってます
主に栃木県内のキャンプ場に
出没します


Twitter始めました

最新コメント

月別アーカイブ

Amazon

      
Amazon
お買い物の際にご活用ください

楽天

ブログ村ランキング順

人気ブログランキング

counter

アクセスカウンター

FC2ランキング